2009年頃から日本に登場してきたペニーオークション
テレビやゲームなど人気のデジタル家電などが最大99%オフで買えるという
思わず耳を疑いたくなるようなうたい文句です。
実際に見て見ると以下のような落札結果があったりします。

確かに安いです^^嘘でしょ〜とか思いつつも気になってしまった人は登録しますw
仕組みは以下のポイントです。

★すべて0円スタート。
★1回入札する権利を購入する(25円から75円などサイトによって違う)。
★1回に上昇する金額は1円から15円と決まっている。?
★1回入札するとオークションの残り時間が自動延長(15秒から30秒等)される。

★残り時間が0になり、最後に入札した人が落札者(これは通常オークションと同じ)。

です。注意すべき点は赤字の部分3点です。
その3点こそが格安落札を実現でき、しかも運営者側にも利益が出るという
すばらしいシステムのからくりになります。

たとえば上の画像の炊飯ジャーの詳細は下のようになります。

商品の市場価格:12,800円
1回の入札に必要な金額:75円
1回の入札あたりに上がる金額:15円
落札金額:3,195円
落札者の入札回数:13回
送料:300円

で、落札者がかかった金額は
75円(入札権利)×13(入札回数)+3,195円(落札金額)+300円(送料)=4,470円
となり、市場価格からすると65%オフで買えたことになります。

次に運営者側に入った金額は
3,195円(落札金額)÷15円(上昇額)=213(入札回数)
213×75円(入札権利)=15,975円
となり、15,975円が運営者側に入っていることになります。

ですが、買えなかった人はどうなるのでしょうか。
213(総入札回数)−13(落札者の入札回数)=200(無駄になった入札権利)
つまり200回(15,000円分)の入札権利をどぶに捨てた人が落札者のほかに
何人かいたことになります。

それがもし5人だとしたら一人40回(3000円)を損していることになります。
落札者はいいですが、落札できなかった人は厳しい結果になります。
こういったことからこの手のサイトがオークションではなくギャンブルと言われる理由にもなるのです。

ただし、上に挙げた例は極力単純なパターンで考えただけで、
実際にはもっと複雑な要素がからみ、ペニーオークションは奥が深いものになります。

トップへ戻る≫≫